• ホーム
  • 媚薬は海外でつくられた薬でも大丈夫か

媚薬は海外でつくられた薬でも大丈夫か

女性の性的興奮を高めるとされる媚薬。
現在はインターネット上のさまざまなサイトで多数の薬が販売されています。
ただこれらの媚薬の中には海外でつくられたものも多く、その効果と共に安全性も懸念されるところです。
このようなサイトで手に入れることのできる海外製の媚薬は、本当に安全面で心配の要らないものなのでしょうか。
じつはインターネット上で手に入れられる薬は、その安全性がすべて保証されているものではありません。
すべて自己責任で服用することが求められており、リスクがあることを承知したうえで個人的に使用する場合に限り服用が認められているのものなのです。
ですから実際に健康被害が報告されている薬も多数存在しており、医療機関を通さずに薬を手に入れることにはそれなりの危険性が伴うのです。
またこれらの媚薬の中には本当に効果があるのか疑問なものも多数あります。
そもそも医療の世界においては、媚薬しての確かな効力が認められるものは存在しないとされているのです。
もちろん精神面の影響は性的興奮を高めるためには必須のものですので、その点を考えると全く効果がないとは言えないかもしれませんが、AVのような効果を求めるのには無理があるのが現状です。
しかも海外製の薬の中には身体に危険な成分が含まれていたり、粗悪な環境で製造されているものもたくさんあります。
服用するだけで危険なものも存在していますので、相手のことも考えると利用は慎重に検討したほうがいいでしょう。
厚生労働省のホームページには危険な薬品のリストも公開されていますので、これらの情報を参考にすることもできます。
間違っても自己判断だけで購入するのは避けたほうが無難です。

関連記事
人気記事一覧
サイト内検索