媚薬に副作用はある?

錠剤と瓶とスプーン

媚薬は医薬品の一種ですから、当然副作用のリスクはあります。
主だった副作用を上げますと、男性の場合は神経過敏、頭痛、四肢の痛み、関節痛、かゆみ、食欲減退、脱毛となります。
女性の場合は下痢、吐き気、腹痛、体重低下、食欲減退。
男女でその成分や意図する効能が違いますので、副作用の内容も変わります。
また、心臓の弱い人は、血圧が上昇しすぎて非常に危険な状態になる可能性もあります。
また、媚薬の種類は非常にたくさんあります。
経口摂取で粉状のもの、錠剤タイプ、液体のもの。
性器などに直接塗るタイプ、女性用で膣内に挿入するタイプなど、それぞれ使い方、含まれる成分が違ってきます。
直接、粘膜や皮膚に塗布するものの場合は、皮膚が弱い方は炎症を起こす可能性もあります。
ですが、当然個人差はありますので、一概に媚薬は危険だと言い切ることはできません。
現在、漢方成分のものは比較的安全性のあるもの、副採用が少ないものとして一般的には認知されています。
特に、国産の媚薬であれば、国の厳しい基準をクリアしていますので、持病やアレルギーがある方や体調不良な方でない限り、副作用が強く(日常生活に支障をきたすほど)出ることはまずありません。
当然、個人差はありますので、気になる方や何らかの副作用が出てしまった方は病院にいって医者に相談することが1番です。
また、海外製の媚薬ですと、そもそもの検査基準がことなることや、販売元製造元が保証されておりませんので、意図せずに危険な媚薬を購入してしまうこと、逆に何の媚薬効果の成分も入っていない偽薬を購入してしまう可能性が非常に高いです。
バイアグラといったような、大手の製薬会社が販売しているもので購入することが1番安全です。
また、女性用のバイアグラと呼ばれる媚薬があります。
それはラブグラです。
ラブグラはインドにあるアジャンタファーマという大手の製薬会社が製造している薬です。
快感が強くなる効果があります。
ラブグラの使用上の注意点ですが性行為前の約1時間前に服用してください。
空腹時に服用することで、効果が最大限発揮されます。
また、ラブグラ半錠でも十分な効果が得られるので、ピルカッターで半分にして服用してください。

関連記事
人気記事一覧